英会話学校、運転免許の自動車学校の学費も研修費

企業は社員や役員の研修に関しての支出はすべて経費に計上できます。現在の業務に直接関係するものばかりではありません。将来役立つ知識や自己研鑽のための費用も認められます。

ただし、あまりにも金額が大きい場合や理由が不明確の場合は否認される可能性が高いので理由付けをしっかり考えておきましょう。

以下の条件をつけて運用するようにしましょう。

給与課税されない要件

1.資格の取得が会社の業務遂行上の必要に基づくものであること
2.資格が役員または使用人としての職務に直接必要な技術などである。
3.資格を取得するための費用として適切である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です