電気自動車で節税:平成29年度

排気ガスも出さず静かに走り、ガソリンを一滴もつかわないEVは環境問題に悩む現在の地球にとっては良い車ということで普及を推進するために国や自治体が税金を免税してくれる制度があります。

補助金に比べれば、微々たる金額です。免税されると意外と嬉しいものです。
私も電気自動車の軽トラを持っています。

◎新車の取得時

・30%特別償却
・自動車取得税と自動車重量税の減税

グリーン投資減税 概要と対象者

青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却又は7%税額控除(中小企業者等のみ)のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。
(1)普通償却に加えて、基準取得価額(計算基礎となる価額)の30%特別償却及び即時償却。
平成28年4月1日から平成30年3月31日までの期間内に取得等し、その日から1年以内に事業の用に供した場合、事業の用に供した日を含む事業年度において30%の特別償却ができます。(太陽光発電設備の及び風力発電設備の即時償却はそれぞれ平成27年3月31日、平成28年3月31日で終了しました。)
(2)中小企業者等に限り、基準取得価額の7%相当額の税額控除。
中小企業者等は、特別償却及び即時償却に加え、7%の税額控除との選択が可能です。ただし、供用年度の所得に対する法人税の額(個人の場合は供用年の事業所得に係る所得税の額)の20%相当額が税額控除の限度となります。

◎毎年
・自動車税のおおむね75%軽減   (軽自動車も含む)
・重課税率(13年を超えるもの)なし   (軽自動車も含む)

◎そのつど
・ガソリン税(揮発油税及び地方揮発油税) 支払いなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です