書籍:完全図解版 あらゆる領収書は経費で落とせる [著] 大村大次郎

目次

第1章 飲み代、4Kテレビを経費で落とす
第2章 レジャー費、キャバクラ代を経費で落とす
第3章 車、家賃を経費で落とす
第4章 間違いだらけの領収書、会計知識
第5章 知らないと損をする節税の世界
第6章 サラリーマンの節税スキーム
—-
第1章
会計とは、「いかに金を残すか」「いかに金を使うか」
経費を膨らませる二つのルート
「経費」をうまく活用することが新時代の企業戦略
「福利厚生費」は魔法の杖
”夜食”であれば食事代は会社の経費で落とせる
事業に関連したものはすべて経費で落とせる
飲み代を会社の経費で落とす
一人あたり5000円以下ならば飲食費が計上できる
コラム①「社会通念上」に照らし合わせる これが基本中の基本

第2章
レジャー費は、会社の経費で落としやすい
旅行費用を経費で落とす方法①慰安旅行・補助金
旅行費用を経費で落とす方法②視察・研修旅行
語学学校代も研修費に計上できる
実は最近、クルーザーが売れている!?
流行の福利厚生費「カフェテリア方式」とは
キャバクラ代を経費で落とす
愛人や身内を社員にして利益供与する
毎日勤務せずに愛人手当を経費で落とす方法
愛人への手切れ金を会社の経費で落とす方法
社員をやめさせずに退職金だけを払う方法

—-
内容紹介

元国税調査官が明かす超実践的会計テクニック。車も家もテレビも会社に買ってもらえる!?中小企業経営者、個人事業主には押さえておきたい経理部も知らない経費と領収書のからくりをわかりやすく解説。確定申告者や経理部の書棚のお供にも!そして経営者だけでなく会社員や独立を考えている方にもすぐに活用できる節税方法をわかりやすく簡潔に解説した一冊!